アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

コンデションが上向くと・・・

今日(UTC上は2016年8月7日)は、ここしばらく停滞していたコンデションがいくらか回復した。SSNがしばらく0続きであったが、SSNが33まで回復、SFI値は、73程度から93になった。このコンデションの微妙な回復は、昨晩の18MHzでのEUの入感状態に大きく影響した。18MHzでJST22時頃、7月中旬のころの状態までではないが、ある程度の強さで北欧が入感して、いくつかのQSOができた。
翌朝、すなわち今日の7MHz、10MHzは明らかに回復しており、10MHzでは、アフリカ西海岸のD2EBが強く入っており、QSOができた。また、西欧も入感しているようである。


このデータをいつも、そのときのコンデションの目安にしているが、最近はGoodが少なく、殆どはPoor、良くてもFairの状態であった。今朝は30m-20mがGoodの状態であり、そのとおりに回復していた。もしかすると、QRZ.comのトップページではこれを参照しており、各局はこれを参考にQRVしているのかもしれない。
ここしばらくは、SSNが33であったがPoorの状態が続いていた。SFI値が増加したので、それに合わせてGoodが増えたように思える。
だんだん、秋口へ向かおうとしている中、コンデションも良くなることを期待したい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。