アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

私のシャック

シャックというのは、無線機が置いてある部屋のことである。アマチュア無線を行う場合、車に乗って行う場合は車がシャックになり、家で行う場合は無線機がおかれて、無線をするところがシャックなのだろう。

私のシャックは、一畳半程度の部屋で、当初は書斎として作った。そして、当時、持っていた無線機を全部売り払って、インターネットに接続するために、NECのPC-98を買った。そして、一時はパソコン部屋になった。その後、ノートブック+WiFiで家のどこにでも出没してインターネットに接続できるようになったら、その部屋はプリンタが置かれた物置になった。
今回、開局をする前(年末)に、一生懸命に部屋を片付けた。不要な本やおもちゃを捨て、シャックと言ってもいいようにした。以前は、この机では収まりきれないほどに、無線機やら何やらがあったが、いまはすっきりである。
マイクは2mと430MHzに出るためにハンドマイクがある。スタンドマイクは高いので買えない。
正面右に置かれているのは、モールス信号を発するためのパドル(キーヤー)と呼ばれるものである。

このGlori-Annというパドルは、JA1CQJさんが作製されたパドルで、非常に丁寧に作られている。過去に、ベンチャーキーやカツミのエレキーなどもコンテストで使ったことがあるが、それ以上と言ってもいいほどに使いやすい。
縦振りは、プラスチック製のSATO PARTSのもの。実は、以前に1アマの電気通信術国家試験で欧文60文字/分、和文50文字/分を受験する際に買ったものだと思う。もう、30年も経つもので、物置に転がっていたのを拾って、分解、綺麗に磨いたものである。今も、しっかり固定すれば、結構使い物になる。
業務日誌は、JARLの業務日誌であり、HAMLOGは使っていない(使えない)。PCは、MacBookAirで、HAMLOGが使えないようだ。Windowsをインストールするのも、しゃくだから、暫くはこれでがまんしようと思う。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。