アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

東京出張

今週は、4月10日~13日まで東京出張で無線が出来ない。このようなときは、自宅のタワーはクランクダウンして家族の要らぬ心配をさせないで出かける。東京では、毎朝、毎晩、DXScapeとJ-クラスタを覗く。

DXScapeでは、少しでも帰ってからの残念な思いを減らすためで、こんなところから出ているということが分かり、未だ、時間が残されていることが分かればそれでいい。春を追うごとに、7MHzのコンデションは悪化し、朝方のDX局のレポートは朝早くなる傾向があり、且つ、早朝でも10MHzや14MHzのレポートが目立ってきたので、コンデションは夏のコンデションに移りつつあるようである。また、J-クラスタでも、7MHzの朝方の国内、夕方の国内のコンデションが朝夕に広がっており、少しずつ、変化していることがわかる。更に、一番の関心は、50MHzのEsの状態である。

もう一つの方法にWebSDRという手がある。そこまでして聴きたいか?というとYESで、JA局の状態には、興味津々である。ロシア圏にあるWebSDRだと国内コンデションを掴みやすいのだが、あいにく使えないようだ。仕方がないのでEUのWebSDRを選択し、朝5時半の7MHzの状態を確認した。EA及びI局(スペインとイタリア)が強く入っており、それを呼ぶJA局も聞こえてきた。CWであるがコンデションはそこそこのようだ。iPhoneで聞くのがいいと感じた。何時もと違う生活なので、このような事が楽しいかもしれない。

でも出来ることなら、早く帰って無線をやりたいのが本音のところ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。