アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

3月13日

20時過ぎに帰宅、昨日の出張帰りなのに、休みも無く、一番最後の帰宅となってしまった。夕食には、旬の味であるふき味噌が出され、普段、平日には飲まない日本酒を少しだけ嗜んだ。そう、春分の日まであとわずか、季節は春である。
それなのに、お空のコンデションはパッとしない。21時にシャックに入り、7MHzを聞くも、国内局はまったく聞こえず、海外局も遠くのYB(インドネシア)の局が沢山入感するのみである。CWでも、EUロシアが聞こえているだけ、10MHz以上の各バンドを聞いても、何も聞こえない。SSNが0を更新しており、SFIという数値も70まで下がってしまった。3.5MHzは、ハイバンドのコンデションが悪いためか、あの耳障りなパタパタノイズ(ウッドペッカー?)がS9+20dB以上でバンド内を埋め尽くしており、何も聞こえてこない。こういう状態で、145MHz,433MHzでCQを出すも、誰からも応答がない。
50MHzでJT65でビームを30度ずつ、動かしながら、CQを続ける。JR0D**さんからのコールがあった。前回、50MHzでコールして下さった方である、2ndのQSOありがとう!22時ごろまで粘ったけど、だめなので、再び7MHzへ戻り、北米方面に向けて、JT65にてCQを出す。あまり多くの局が見えていないが、立て続けに北米からコールされた。しかし、今日はここまで。CWでEUロシア局を呼ぶも、応答はなかった。どうも、EUのパイルを受けているようだ。昨日までの疲れや時差ボケ未解消のこともあり、23時には就寝。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。