アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

3月12日(帰国)

3月11日の朝5時に米国の現地を出て、米国国内、米国‐成田を飛行機で、成田からは電車で漸く自宅に戻った。電車内ではiPhoneによりDXSCAPEやJ-クラスタなどの状況で今のコンデションを把握した。SSN値は、出国前日と殆ど変りなく0が続き、相変わらずどうしようもない状態のままのようである。しかし、春分を迎えることから、年間を通して、一番の良いときでもあるのか、DXペディションが行われ、ネパール、コートジボアールなどから、QRVされているようだ。明日から休みなく仕事のため、時差ボケをなくすべく、今日は殆ど寝ないことにした。体は言うことをきかず、突然襲ってくる睡魔により、電車の中で1度、iPhoneを床に落としてしまった。
自宅に戻り、夕食と家族への報告後、タワーをクランクアップ、21時半頃から、7MHzの状況を確認する。既に国内はスキップ状態、聞こえてくるのはSSBでYB局(インドネシア)だけ、CWもぱっとしない。JT65でも、米国方面は殆どみられず、大方、東南アジアとロシアがみえるだけであった。3.5MHzに切り替え、2局の記念局とQSOしたが、あまりにも眠く、ここで打ち切り、本日はQRTした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。