アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

3月8日?(アメリカ放題)

現在、滞在しているところは日本から-15時間の時差があり、実際にブログへの更新がいつなのかが判らなくなってきた。
今回はアマチュア無線が出来ないので、もうひとつの無線である携帯電話について話したい。現在、私はソフトバンクのiPhone 6Plusを使っている。ソフトバンクでは、iPhoneの利用者に対して、アメリカへ行ったときに2通りの接続形態をサービスとして提供している。それは「海外パケットし放題」と「アメリカ放題」である。この2つのサービスがあるのが今回、非常に悩ましい結果を生んでいる。
アメリカ放題は、現在(2017年3月8日)のところ、無料サービス中とのことで、無料で電話やパケットデータ通信を行うことが出来る。一方、海外パケットし放題は、1日当たりの上限が2,980円までで対応できる。すなわち、アメリカ放題ならば、アメリカ本土で契約されている接続先ならば、毎月契約中の金額が変わることなく、アメリカで使うことができるという、とても優れたサービスである。当然、アメリカに来たら、このサービスを使うように設定するのだが、これが悩ましいのである。
アメリカ放題の場合、キャリアの設定を自動として、データローミングをOFFで使うことが前提。キャリアは「Sprint」以外はこのサービスを使うことができない。また、キャリアの設定を自動にしないで、Sprintを選んでも使えないのである。自動にしておくと、当然であるが、電波の強さが変わると、Sprintでなく、他の接続先に自動で切り替わってしまう。すると、そこで通信をするとなると、良くて「海外パケットし放題」に、下手をすると無契約の接続先に接続されてしまうリスクが常に伴う。私の滞在ホテルでは、Sprintの信号がとても弱く、いつも自動でT-Mobileに接続されてしまう。その場合、一旦、自動を切って、Sprintを選択、そして自動に切り替えれば、電波が弱いながらもアメリカ放題が使えることもある。
初日は、なんとか、Sprintが繋がったが、2日目以降はさっぱり繋がらなくなった。そのため、いつも接続先はT-Mobileとなっており、その信号が強いが通信をすると(データローミングをONしていないので、データ取得の操作をしなければ通信は行われない)、海外パケットし放題の金額が請求される。なんど、通信の誘惑に陥ることになったことだろう。わざわざ、このような方法をとっている理由があるのだろうが、Sprintはまさに悩ましい接続先である。
アマチュア無線は、電波使用料などの支払が必要であり、機器や設備が高いし、通信も安定していないのが現状である。携帯電話は便利であるが、常にサービス会社からの料金搾取の誘惑を受ける。それでも、便利さが勝のだろう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。