アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

2月22日

出張から帰ってのワッチをして、7.028MHzにTX5T局がQRV、太平洋周囲のアマチュア局が一斉に呼んでいるようで、私も30分程度呼び続けた。信号も強く、始まったばかりのペディションのようなので、7MHz又は他のバンドでQSOする機会があるのだろう。そうこうしているうちに、QRTか?聴こえなくなって、呼ぶのもやめた。信号も終始安定していた。

7.083MHzの常連さんがQRVされており、信号もそこそこだったのでCQを出したけど、どこも呼んでこないので、諦めて、3.041MHzで再びCQを出す。JA5のOMさんから呼び出されQSOを開始する。コンデションとOMのアンテナに助けられて非常に安定してQSOが出来た。最高でS9+30dBまで振れて、とても強い信号であった。OMは和歌山のアンテナを長い間使われておられ、その丈夫さに互いに感心しあった。1時間ほどのQSO後、家族からクレームを受ける前にSSBをQRT、JT65でオンエア、1W未満の出力で国内QSOをする。国内では、1Wですら、パワーがありすぎのようで、もっと絞り込む方法を考えることにする。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。