アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

愛・地球博記念コンテスト

昨年、実施された愛・地球博記念コンテストで7MHz CW部門の0エリアで1位の賞状をJARLの東海支部より頂いた。コンデションが悪く、あまり沢山の局とのQSOが出来なかったコンテストであったが、棚ボタのような感じで入賞することが出来た。

棚ボタ入賞はJA9 VHF・UHFコンテストに続き、2回目の快挙、地方コンテストだからの所以である。この頃から、CTESTWINを使うようになった。但し、IC-7000による参加である。CTESTWINでIC-7000を使うと、キーヤーモードをストレートキーに設定しなければならない。これは、不便でパドルに切り替えての送信が簡単に出来ない。TS-480では、キー入力が2ヶ所存在し、片方はエレキー、片方はストレートキーと選ぶことが可能である。CTESTWINでの対応が簡単になった。これはARRL DXコンテストで発揮した。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。