アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

長野6m AMロールコール

昨年3月からLocalのJA0FSE局に紹介を受けて、毎週土曜日に行われているロールコールに参加してきた。昔、私が開局を検討していた頃、友人と話しをするのは、50MHzの話ばかりであった。当時は、RJX-601,TR-1300,IC-505と3機種が人気で、Eスポが発生すると、遠くとQSOが出来る、普段はローカルラグチューが出来るなどで思いを寄せていたが、結局、6mでの開局はしなかったどころか、それから以降、1度も50MHzでQRVすることは無く、私にとっては無縁のバンドであった。
JA0FSE小林OMからのお誘いを受けた当時、50MHzのアンテナを検討し、ヘンテナを作成、ベランダに上げた低いヘンテナで参加させて頂いた。当時は、JA0FSE局、JA0VI局、JA0DCQ局、JA0UU局、JI0NPB局といった5~6局の方が参加されているところに、参加させて頂いた。ただ、JA0VIさんは東御市からの参加で、ヘンテナではなんとなく信号があると感じるだけの状況であり、QSOはすごく難しいという状況。
それから、Eスポシーズンを迎えること、もっと高くアンテナを上げることを目的で、1/2λGPを自作、なんとか、長野市・千曲市エリアの各局とはQSOできるまでに至ったが、東御市のVIさんとのQSOは難しい状態であった。
7月のタワー建設のときの一つの課題に、6M AMのロールコールメンバ全員との常時QSOがあり、CD社のCL6DXを選定した。8月に上げて、JA0VIさんと59+でQSOが出来るようになり、漸く、ロールコールメンバーとのQSOまで至った。
現在、6m AMロールコールへの参加局は、多くなり、10局を超えて、毎週土曜日の21時から30分間で2回だけしかまわらなくなったが、各局が毎回、色々な状況でQRVされ、とても楽しい時間を頂いている。最近の参加局は、キー局のJA0FSEをはじめ、JR0PHS,JA0VI,JA0DCQ,JA0UU,JG0TOO,JH0FJG,JI0NPB,JJ0QGQ,JG0AWE,JR0HKT,JP1EVD/0,JH0IEY等の各局が参加されている。これだけ、多くの方が参加されると、全局をメリット5で聞くことが難しい状態になってきた。現在は、ビームを真西に向けて、全体が聞き取れる状態を作っているのが現状である。それでも、聞き取れない局があり、今後はGPなどもしなければならないだろう。一番は、温かくなったら、移動して、高い山に登ればいいのかもしれない。ただ、ほぼ同時刻に、新潟でもロールコールが行われているとのことなので、混信が心配である。
昨日、安曇野市のJR0JVFさんと50MHzで久しぶりの和文CWでQSOをした。今後、AMにも出ていただくことを期待したい。いずれも、長野エリアの各局、及び、隣県の各局、長野6m AMロールコールをよろしく!! スケジュールは以下の通り。


長野6m AMロールコール
日時 毎週土曜日 21:00~21:30
周波数 50.620MHz (AMモード)
キー局 JA0FSE(小林さん)
時間中であれば、いつでもブレークで参加歓迎!



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。