アマチュア無線家JH0ILLのつぶやき

ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。

アマチュア無線局の再開

QSLカード

2015年暮れに、会社の同僚の方から、アマチュア無線機をレストアしている話を聞いた。私の心内も、何かワクワクするものが出てきた。
早速、納屋にあった組立もしていない7MHz QRP CWトランシーバを取り出した。
説明書を見ながら、以前に深夜に浮かび上がってくる遠くからの信号を必死に聞き取り、呼んだ自分を懐かしく感じた。
時は満ちた!そう、自分も無線を再開するときが来たのかもしれない。
ネットで無線機を見ると、非常に高い無線機からとても安価な無線機まで揃っていた。高い無線機は、いいのは判るけど、資金が出ない。無線機を買っただけで、電波を出すことができないのは、言わずと、知っている。では、アマチュア無線を再開したら何をしたいかをまず、決めることにした。


  • ローカルとラグチューをしたい、
  • 中国人と中国語で、米国人と英語で話したい、
  • CWでQSOをしたい
  • 7MHzや他のローバンドで遠くの局とQSOしたい

これらを実現する、そして、出来るだけ安く上げるには、



  • 無線機はヤフオクで買う、
  • 無線機はHFからV・UHFまで出来るもの
  • 少なくとも、CW運用に適したIFフィルタ、エレキーが入ったもの
  • アンテナは取り敢えず、安く上げる

と決めた。すなわち、機種はHFからVHFができるもの、可能ならUHFもできるもの、IF段はできれば、今流行りのデジタルフィルタのものをヤフオクで購入することである。ヤフオクで確認した結果、アイコムのIC-7000が該当する。スプリアス新規制にも対応している。


アンテナは、出来るだけ安く上げるため、V・UHFはAmazonで最安値のもの、HFはヤフオクでツェップアンテナの給電部を購入、ACコードを20m購入して引き裂いてエレメントにした。
CWのキーヤーは、JA1CQJさんの「Glori-Ann」をヤフオクで落札、安価で非常に高精度なキーヤーを入手しました(JA1CQJさん、ありがとうございます!!)。
こんなところで、12月14日に「総務省 電波利用 電子申請・届出システム Lite」にて申請、QSLカードも手配。
12月28日付、12月31日に免許状が送られてきました。
アンテナを1月1日に組み上げ、早速、電波を出し始めました。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。